ひな祭り












350_Ehon_1865.jpg

もりのひなまつり

こいでやすこ さく





ひな祭りまであと
一か月となった
2月の始め

娘たちに
この絵本を
読み聞かせました。


この物語の内容は
ある家の蔵に住む
"ねずみばあさん"が
村に住む
ねずみの子どもたちに
お願いされ
そのうちの
おひなさまを
村へお連れし
ねずみの
子どもたちのために
お祝いをする
というものです。



楽しい時間を
過ごし
のんきに
うたたねをする
おひなさまたちを
雪の中
なんとか
連れて帰った
ねずみばあさんは
薄汚れたおひなさまの
姿を見てびっくり。

おひなさまたちも
自分たちの姿を見て
「きっとすてられてしまうに
ちがいない」と
さめざめ泣きます。

そこで
ねずみばあさんは
着物を繕ったり
探してきたおしろいや
絵の具で
おひなまさまの
顔や手をきれいに
塗りなおします。

そして
なんとか
箱の中にしまわれた
おひなさまは
次の日
何事もなかったかのように
座敷に
飾られていた
という話です。


「人間が知らないところで
お人形たちは
動いている」
永遠の
空想ですね。




この絵本に
娘たちは
惹きこまれた様で
次女は
「お母さんの針使うのかな」とか
「お母さん絵の具持ってる?」などと
まるで
自分のうちにも
こんなことが
あるのではないかというような
想像を膨らませていました。





このお話を
読んで
まもなく
我が家も
おひなさまを
出すことにしました。





IMG_1401[1].jpg




一年ぶりに
あける
大きな箱に
娘たちは
興味津々。
次から次へと
箱を開けたくて
たまりません。
特に
好奇心旺盛の次女は
とにかく
早く
お人形が見たくて
一人でどんどん
出していきます。

そんな時
長女の「あっ!!!」
という声が。


その悲鳴にも近い
声の先を
見ると
次女が片手に
官女の
頭(だけ!)を
持っているではありませんか!

そう
お人形の
頭を
引っこ抜いて
しまったのです!


一瞬にして
凍り付く空気。

顔面蒼白
目に涙をためる次女。

とっさに
手で顔を
覆う長女。



私の
怒号が飛ぶまで
それほど
間は空きませんでした。


それに加え
「〇〇ちゃん(次女)のせいで
おひなさまが
死んじゃった!
もうどこにもいけないよ!」と
責める長女に
次女は
号泣。

それどころか
「真夜中に首のない
人形が出てくる」という
話にまでなってしまいました。





それからしばらく
夜になると
次女が
まともに
おひなさまを
見られなくなったのは
言うまでもありません。












今年は
三女の初節句です。


IMG_1501[1].jpg


おじいちゃんおばあちゃんから
頂いた私のおにんぎょう」

「かわいいなあ」





IMG_1502[1].jpg

「あれ?
落ちちゃった」







IMG_1477[1].jpg

笑顔でごまかしちゃえ~(笑)

















2018年スタート!
















IMG_1196[1].jpg






新年
明けまして
おめでとうございます。





今年の年末年始は
穏やかな天気に
恵まれ
有難いことに
たくさんの
お客様に
ご来店頂きました。

歳の終わりと
歳の始めに
大勢の方々に
お会いでき
本当に
嬉しく
有難く
感じております。


本年も
手打ちそば蔵を
どうぞよろしく
お願い申し上げます。











IMG_1200[1].jpg





IMG_1208[1].jpg






正月飾りに
使っている
この竹ですが
実は
毎年
レンタカーを借りて
竹藪まで
取りに行っているのです。

足元が悪い
竹藪ですが
何度も経験するうちに
仕事が
随分速くなりました。

持ち帰って
仕上げに
えごま油を塗ると
青々とした
立派な竹に
仕上がります。



お正月を
彩るのは
いいものですね。












IMG_1214[1].jpg













聖なる夜に









IMG_1186[1].jpg






クリスマスイヴまで
あと4日となった
深夜
長女が
真っ赤な顔をして
起きてきました。

体は
ぶるぶる震え
ぐったりした様子でした。


次の日
病院を受診すると
まさかの
インフルエンザ。
薬を飲んでも
熱は下がらず
インフルエンザの
脅威を
まざまざと
感じました。


その二日後
次女が発熱。
すぐに薬の服用を
始めましたが
やはり
数日
熱が下がりませんでした。


残るは
主人と私
それにまだ
5か月にもならない
乳飲み子。



そんな中
待ちに待った
24日
クリスマスイヴが
やってきました。


そのイヴの朝
私にやってきたのは
頭痛でした。
これはヤバイ。
体温は36.8度。
倦怠感がすごい。
ついに私もか・・・

しかし今日は
日曜日
病院は休み。
こんな状態の二人と
乳飲み子を連れて
救急になど
行けるわけがない。

耐えるしかありませんでした。




薬がようやく効いてきた
長女と
サンタさんを心待ちに
している次女は
「今日サンタさんが来るんだ!」と
それはそれは
楽しみにしていました。



二人が
寝静まった深夜

熱がすでに
マックスに達していた私は
そのフラフラの体で
プレゼントを枕元に
そっと置き
倒れこむように
床に就きました。



聖なる夜に願うこと



ああ主よ
私に
薬を
お与えください!!!!












私はもともと
体が丈夫な様で
薬を飲んで
二日目には
体が随分
楽になりました。
強い体に産んでくれた
両親に感謝です。



今日は火曜日
一日遅れですが
家族全員そろって
クリスマスパーティーが
できそうです。

しかし
忙しい
年末年始を
控えている
主人は
ウイルスを
もらうわけには
いきません。


今年の
クリスマスは
主人と
私たちで
ドア越しの
パーティーに
なりそうです!












IMG_1188[1].jpg