ご報告















IMG_0663[1].jpg




7月末日
無事
三児が誕生しました。


元気な女の子でした。


そうです
三姉妹です。
皆さんの予想に反せず
やはり
女の子!!

期待(!?)通り、
そして
元気に
生まれてきて
くれたことに
ただただ
感謝です。












一応ここで
私の
三度目の
出産談を
したいと思います。



三人目、
絶対に
予定日より
早く生まれると
高を括っていた私は
早々
一週間前から
そわそわしていました。

しかし
予定日に近づいても
一向に生まれない。
予定日になっても
生まれない。
日に日に
神経が病んできました。

しかも
連日夜中に続く
全駆陣痛(陣痛に似た痛み)に
苦しめられ
その度に
「いよいよ陣痛が来た!」と信じ
産科へ。
一時は
入院するも
違いますね、と
その日に退院。

そんなことが
二度もあり、
「陣痛って
一体何なんだ、
どれが本当の
陣痛なんだ」と
経産婦にも関わらず
わけがわからなく
なっていました。



そして
予定日を二日過ぎた深夜
その日も
陣痛のような痛みに
襲われ
それでも
「これももしかしたら
ニセモノかもしれない」と
痛みがくる間隔を
ストップウォッチで
測り
記録し
意識がもうろうとする中
3時間耐え抜きました。


これを
陣痛と言わずして
何を陣痛と言う、と
確信し
明け方
もう空が明るくなった頃
自宅を出発しました。



途中
車内で
どんどん痛みが強くなり
間に合わなかったら
どうしようと
こんなになるまで
我慢した自分を
憎みました。




そして
到着した
30分後には
産声が聞こえていました。



超安産でした。








お産って
何度経験しても
同じようには
いかないんですね。

生まれてくる子が
違うのだから
当然なのかもしれません。




でも
産後真っ先に口にした

「あ~よかった!!!」

という単純な気持ちは
三度とも同じでした。















IMG_0661[1].jpg






IMG_0747[1].jpg












IMG_0740[1].jpg