晴れ姿

 

 

 

 

 

 

 

 

先日

家族みんなで

長女の

七五三参りに

行ってきました。

 

 

最近は

写真撮りと

お参りを

別の日にするのが

主流?のようで

我が家も

それに習って

写真だけは

事前に

済ませておきました。

 

お参りの日は

なんとかして

私が

着付けと

ヘアメイクを

するつもりでいたので

本番の

何週間か

前から

本人を

実験台に

練習していました。

 

相手は

3歳の子ども。

それはまあ

悪戦苦闘でしたが

やはり

女の子です。

着物や

ヘア飾りを

付けるのは

嬉しいようで

わりと

喜んで

着させてくれました。

 

途中

「ママお腹が痛いよお」

なんて

腰ひもが

きついと

文句を言われながらも

無事支度を済ませ

お参りへと

向かいました。

 

 

 

 

 

 

CIMG4466.jpg

 

 

当日は

ほんの少し

小雨がちらつく

生憎の

天気でしたが

 

紅葉が

とてもきれいで

娘の着物に

負けないほど

紅く色付いていました。

 

 

 

 

 

 

CIMG4475.jpg

 

ちなみに

娘が

着ている着物は

私が当時

着ていたものです。

 

髪飾りも

草履もすべて

同じで

昭和な

感じですが

私としては

嬉しいものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4434.jpg

 

 

 

話は

変わって

 

先日

干し柿をしました。

山梨と言えば

枯露柿。

見事というほど

大きな柿を

干しました。

 

 

 

 

 

CIMG4436.jpg

 

 

 

CIMG4437.jpg

 

 

 

むいた

皮も

天日干しし

たくあんを

漬けるときに

使います。

 

 

テラスに

並んだ

干し柿を

ご覧になった

お客様が

お会計の時に

ぽつり。

 

「うちも

ちょうど今日

干してきたところだよ」

 

 

その場に

微笑とともに

穏やかな

時が

流れました。

 

 

 

 

古くから

受け継がれる

日本の

風習は

日本人である

私たちの

心に

ぬくもりを

くれるものなんだなと

なんだか

尊く

感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨県名品盆栽展に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4408.jpg

 

 

 

 

 

平成26年

11月6日~9日に

開催の

山梨県

名品盆栽展に

行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4382.jpg

 

 

ミヤマカイドウ

 

 

 

 

 

 

CIMG4383.jpg

 

 

ウメモドキ

 

 

 

 

 

 

CIMG4384.jpg

 

 トキワマンサク

 

 

 

 

 

 

CIMG4385.jpg

 

 カキ

 

 

 

 

 

CIMG4386.jpg

 

 

ピラカンサス

 

 

 

 

 

 

CIMG4387.jpg

 

 真柏

 

 

 

 

 

 

CIMG4389.jpg

 

 

カエデ

 

 

 

 

 

 

CIMG4404.jpg

 

 

 ヒメビコウ

 

 

 

 

 

CIMG4405.jpg

 

 

 ビナンカズラ

 

 

 

 

 

 

CIMG4406.jpg

 

 

 クコ

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4390.jpg

 

 

マユミ

 

 

 

 

 

CIMG4391.jpg

 

 

 

CIMG4394.jpg

 

 

紫式部

 

 

 

 

 

CIMG4395.jpg

 

 

ロウヤガキ

 

 

 

 

 

CIMG4396.jpg

 

 

マユミ

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4397.jpg

 

 

 

 

 

CIMG4398.jpg

 

 五葉松

 

 

 

 

 

 

CIMG4399.jpg

 

 

ロウヤガキ

 

 

 

 

CIMG4400.jpg

 

 キンシナンテン他

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4401.jpg

 

 

 

 

 

CIMG4402.jpg

 

 

山柿

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4403.jpg

 

 

ズイナ

 

 

 

 

 

 

CIMG4407.jpg

 

 

 

今年の

盆栽展も

これで

最後となりました。

 

 

樹は

これから

葉を落とし

来春に向けて

いよいよ

休みに

入ります。

 

 

また

来年

青々とした

新葉とともに

美しい

姿に

会えるのを

楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の展示会に行ってきました NO.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月に入り

朝晩の空気が

急に

冷たく

なったように

感じます。

 

 

それでも

日中は

ポカポカ陽気に

恵まれて

行楽日和。

 

 

先日

娘たちを

連れて

動物園に

行ってきました。

 

もう

何度も

足を運んでいる

動物園

なのに

毎回

娘たちの

反応が

違っていて

面白いです。

 

 

今まで

目も留めなかった

ような

細かなことに

気がついたり、

動物なのか

置物なのか

わからない

というような

レベルから

「像がいる!」

「ライオンがいる!」

という

反応を

するように

なったり。

 

 

動物たちを

観ながら

娘たちの

成長も

見ることが

できました。

 

 

 

 

 

CIMG4365.jpgのサムネール画像

 

 

CIMG4349.jpg

 

 

 

 

 

 

 

毎年

秋に

開催される

盆栽の

展示会に

行ってきました。

 

 

 

 

 

 

CIMG4312.jpg

 

 

 

 

 

CIMG4313.jpg

 

 

 

 

 

 

CIMG4314.jpg

 

 

 

 

 

 

CIMG4315.jpg

 

 

 

 

 

 

CIMG4317.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4318.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4319.jpg

 

 

 

 

 

 

CIMG4320.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4321.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4322.jpg

 

 

 

 

 

 

CIMG4324.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4325.jpg

 

 

 

 

 

 

CIMG4326.jpg

 

 

 

 

 

 

CIMG4327.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4328.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4329.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4330.jpg

 

 

 

 

 

今回の

展示会は

小品・中品の

盆栽がメインです。

 

大きな

盆栽も

もちろん

見応えがあって

よいのですが

小品・中品は

違う良さが

あります。

 

とにかく

細かい!

近くで見ると

「これ本物?」と

幼稚な発言が

出てしまうくらい

緻密で

繊細で

驚いてしまいます。

 

観ていると

持ち主の

繊細な

人柄が

伝わってきます。

 

今回

紅葉は

観られませんでしたが

赤や橙の

小さな実が

びっしりと

付いていて

それはそれは

かわいらしく

見事でした。

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが・・・

 

 

 

こちらの

展示会に

やむを得ず

娘二人を

連れて行きました。

 

行く前に

「今日はパパと

樹と花を

観に行くからね」と

言うと

長女は

少し

考えて

「ライオンさんのところ?」と

聞いてきました。

 

うーん・・・

動物園じゃ

ないんだよね・・・

それならば・・・

 

「雨宮さん(盆栽園の方)の

ところに行こう」

「あめやさんに行くの?」

 

飴を買いに行くわけでも

ないんだよね・・・

 

 

結局

どこに行くか

理解できないまま

連れてこられた

長女は

動物園でも

飴屋でもない

盆栽展で

退屈そうに

していました。

 

罪滅ぼしに

帰りの

車で

飴をあげ

後日

動物園に

連れて行って

あげるのでした。

(冒頭に戻る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盆栽・山野草の展示会に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

無題.png

 

 

妙花風盆草展


10月24日(金)~26日(日)

於 泰樹園

 

 

 

秋の盆草展は

一年のうちで

一番華やかな

展示会です。

 

 

 

 

 

CIMG4282.jpg

 

ナンキンハゼ

ツタ

ガマズミ

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4285.jpg

 

フウリンガマズミ

キク

 

 

 

 

 

CIMG4287.jpg

 

ハゼ

 

 

 

 

 

CIMG4288.jpg

 

 

 

CIMG4290.jpg

 

カヤ

リンドウ

 

 

 

 

まるで

仲秋の名月を

見ているようです。

 

 

 

 

 

CIMG4292.jpg

 

サンドクリ

 

 

 

こんなに

小さい樹に

立派な実が

たくさんついています。

この

一本で

秋を感じます。

 

 

 

 

 

CIMG4293.jpg

 

タコノアシ

 

 

この

なんともいえない

色は

やはり

自然界のものですね。

 

 

 

 

 

CIMG4294.jpg

 

ハゼ

 

 

 

 

 

CIMG4295.jpg

 

ダルマギク

 

 

その名の通り

まるまるとした

形が

愛らしい

キクです。

ブルーというよりは

紺色を

薄くしたような色に

風情を

感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4299.jpg

 

 

 

CIMG4300.jpg

 

 

チュウゴクオオバヅタ

 

 

 

 

 

 

CIMG4302.jpg

 

 

 

CIMG4303.jpg

 

ツリバナマユミ

ツタ

 

 

 

静寂の中に

ひっそりと

佇む樹

 

寒い冬を

目前にして

最後に

紅く華やかに

色づいた

葉実

 

今にでも

散り果ててしまう

その

はかなさに

美しさを

感じます。

 

 

 

この

景色に

秋のすべてが

集約されているのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

CIMG4304.jpg

 

コマユミ

 

 

 

 

 

 

CIMG4305.jpg

 

 

ゴンズイ

 

 

 

 

 

CIMG4306.jpg

リンドウ

 CIMG4307.jpg

 

 

カキ

 

 

 

 

 

 

CIMG4310.jpg

 

 

キブシ

 

 

 

 

CIMG4311.jpg

マユミ

CIMG4308.jpg

 

 

ハゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4301.jpg

 

 

ツリバナマユミ

 

 

 

 

 

 

展示会に

足を

運ぶと

様々な

想いを感じます。

 

それは

樹や草がもつ

生きようとする

エネルギーであったり

持ち主の

愛情であったり

それを

より美しく

見せようとする

主催者側の

心遣いであったり。

 

 

 

 

すべての

想いがあるからこそ

観る者に

感動を

与えるのでしょう。

 

 

 

 

 

晩秋の

とある

一日

その想いに

感謝しつつ

有意義な

時間を

過ごしました。