秋メニュー登場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝晩の

ひんやりとした

空気とは

打って変わって

日中は

太陽の

光が

厳しい

今日この頃。

 

外で

遊ぶのには

もってこいの

陽気になりました。

 

 

このところ

週末は

少し離れた

スポーツ公園で

遊ぶのが

恒例になり、

朝から

お砂場セットと

ボールを

持って

三人で

出かけています。

 

私も

一緒になって

遊んでいるので

ふと気が付くと

ズボンのポケットから

ケータイが

ぽろり・・・

車のキーが

ぽろり・・・

 

その度に

1歳の次女が

何も言わずに

トコトコと

持ってきてくれるのです。

 

 

うちの

娘たちは

よく

気のつく

いい子たちです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も

秋のメニューが

登場しました。

 

 

 

CIMG1100.jpg

 

5種の木の子の湯葉とじそば

1300円

 

 

 

秋の味覚に

欠かせないのが

木の子です。

その木の子を

ふんだんに使い、

贅沢にも

湯葉で

蓋をしました。

湯葉を

めくったときに

ひろがる

木の子の

風味と

出汁の香りを

お楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4179.jpg

 

 

カレー南蛮そば

(温せん玉子・福神漬け付き)

1230円

 

 

こちらの

メニューは

10月初旬から

スタートします。

 

そばつゆで

仕立てた

少し辛めのカレー。

温せん玉子を

からめて食べると

味がマイルドになり

おススメです。

 

蔵のカレー南蛮は

この時期の

定番メニューです。

 

ファン率高し!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4202.jpg

 

 

この時期の

店内は

穏やかな

風が流れ

気持ちの良い

空間になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4199.jpg

 

 

 

CIMG4201.jpg

 

 

ゴンズイ

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4196.jpg

 

 

 

 

CIMG4198.jpg

 

 

 

イワシャジン

 

 

 

 

 

 

 

 

秋真っ盛り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4163.jpgのサムネール画像

朝晩めっきり

寒くなりました。

我が家の

子どもたちは

さっそく

鼻をズルズル・・・

 

いよいよ

風邪との

戦いの日々が

やってきました。

 

 

 

秋は

私と

  長女が

生まれた

季節です。

そのためか

秋は

私にとって

四季を通じて

一番

身近に

感じられる

季節です。

 

 

 

 

 

 

蔵の厨房には

旬の食材が

お目見えです。

 

 

CIMG4154.jpg

 

 

 

CIMG4155.jpg

 

生のイクラを

仕入れ、

醤油漬けにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4156.jpg

 

 

 

CIMG4157.jpg

 

 

ツタ

 

 

店内には

秋の植物が

気高く

その存在感を

露わにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4161.jpg

 

 

 

CIMG4160.jpg

 

 

メカルガヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4133.jpg

 

 

睡蓮鉢の奥で

ひっそりと

顔を出したのは・・・

 

 

 

 

 

 

CIMG4134.jpg

 

 

ヒガンバナです。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4136.jpg

 

 

↑ちなみに

今年生まれた

メダカたち。

まだまだ

小さいですが

今年も

大勢仲間入りしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4130.jpg

 

 

 

 

我が家では

秋を満喫するため

ぶどう狩りに

行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4124.jpg

 

大粒のぶどうと

大口の長女。

 

採れたての

ぶどうは

本当に甘くて

おいしかったです。

 

 

 

 

 

CIMG4129.jpg

 

 

 

一方

やや傾斜になっている

ぶどう畑を

とことこと歩く次女(写真奥)。

転がるのではないかと

こちらも

目が離せません。

 

その場では

ぶどうをかじるだけで

ぽい・・・

 

 

家に帰ってみると

玄関においてある

かごから

自分で

もぎ取り

両手に持って

がぶり。

皮も種も

がりがりと

食べ

満足していました。

 

 

 

 

 

 

秋は

まだまだ

始まったばかり。

 

けれど

この季節の

駆け足のごとく

通り過ぎていく

移ろいを

見逃すことなく

楽しみたいと

思います。