藤満開










IMG_0364[1].jpg



藤の花が
満開になりました。











IMG_0365[1].jpg





IMG_0366[1].jpg












IMG_0370[1].jpg









IMG_0371[1].jpg




















藤が咲きそうです。


















IMG_0360[1].jpg




IMG_0361[1].jpg



今にも
藤の花が
顔を出しそうです。











IMG_0362[1].jpg








IMG_0359[1].jpg



















桜日和
















IMG_0336[1].jpg





IMG_0343[1].jpg







しだれ桜が
もうすぐ
満開に
なりそうです。



















春うらら










太陽の
柔らかなぬくもりに
春を感じる
今日この頃です。



先日の
三連休は
天気に恵まれ
暖かい日が続きました。

特に予定がなかった
母と娘は
自転車で
近所の公園に
遊びに出かけました。

ブランコと砂場しかない
小さな公園。

昔は
子どもたちで
あふれていたであろう
その公園は
その日
私たちの
貸し切りでした。

ところどころ
朽ちかけた
ベンチに
腰をかけて
ドーナツと
ジュースで
おなかを満たし
子どもたちは
駆け出しました。


メインの
ブランコは
少し乗っただけ。
あとは
思い思いに
遊びだしました。

大きな石を集めては
砂場へと運ぶ長女。
私は力持ちと
言わんばかりに
力こぶをアピール。

「たきぎを拾ってるの!」と
両手に
あふれるほどの
木を抱え
姉のところへ
持っていく次女。

それぞれの
役割分担を果たし
出来上がったものは
キャンプファイヤー?
石と石を
打ち合わせて
気分を味わい
終了。
その後は
石に
石で
落書きをする
遊びが
始まりました。



あとは
みんなで
虫を探したり
花を採ったり。

木登りをしたり。
(気づいたら
二人とも
自力で登っていました)






何もない公園ほど
子どもは
自由に
豊かに
遊ぶことができるような
気がします。


少なくとも
私にとっては
太陽の
ぬくもりの元
ベンチから
そんな二人を
見ている時間が
一番
幸せなのです。











IMG_0330[1].jpg



彼岸桜







IMG_0331[1].jpg






IMG_0332[1].jpg







春の
成せる業ですね。




































桜満開














IMG_0320[1].jpg



寒桜







今年も
桜が咲きました。


この一週間で
あっという間に
満開に
なりました。








IMG_0322[1].jpg






IMG_0329[1].jpg



桜の前を
通る
お客様は
皆さん
必ず
立ち止まって
しげしげと
ご覧になっていました。





少し
面白い
一コマが。

ご夫婦で
お食事をされた
お帰りに
旦那様が
立ち止まって
じーっとご覧になり
先に
お会計を
されている
奥様に

「あの桜見事だぞ」。

奥様は
ふっと笑われて
私に
「あれ、作り物でしょう?」

私「いや、本物ですよ」とニコリ。

それ見たことかと
いわんばかりの
旦那様。

奥様は
本当にびっくりされて
桜を見に
戻られて
「本当に見事ですね!」と
おっしゃってくださいました。


確かに
作り物に
見える程
今年も
立派に花を
咲かせてくれました。





















新メニュー始まります!










そば信玄餅2.jpg


そば信玄餅
400円





あつあつ
もちもち
ふわふわの
新食感そば餅です。

きなこと
黒蜜を
たっぷりかけて
お召し上がりください。


時間が
経つと
食感も味も
変わってしまう
そば餅は
注文を
頂いてから
お店で
一つ一つ
手作りします。

その場でしか
味わえない
この
新食感を
ぜひ
お楽しみください!


2月27日月曜日から
販売開始します!














春の香り


















IMG_0299[1].jpg





先日
寒紅梅が
咲きました。















IMG_0296[1].jpg



店内中に
漂うばかりの
香しい香りを放つ
梅の花。


その香りを
なんと
表現すればよいのか、
上品な?
高貴な?


まるで
お香を
焚いているような、
重なり合った
深い
香りが
していました。

私の中で
梅の香りは
少し
神秘的で
どこか
懐かしい
そんな
感じがします。























IMG_0309[1].jpg




さて
梅の花のお次は
桃の花です。



我が家では
なんと
三年ぶりに
お雛様を
出しました。

昨年は
引越ししたばかりで
そんな
元気はなく
長女から
ブーイングを
受けながらも
その年は
見送りました。




今年は
何としてでも
出さねば!
その
勢いのまま
日曜の朝
せっせと
とりかかりました。












IMG_0306[1].jpg



たくさんの
箱を
一つ一つ
紐解いていく度に
「次は何?
お雛様?
五人囃子?」と
わくわく顔の
娘たち。

「きれ~い
すてき~」

やはり
女の子ですね。
もう
その顔は
うっとりです。










IMG_0310[1].jpg


三年ぶりに
お目見えして
お雛様も
嬉しそう?

艶やかな
お着物や
お道具に
私も
うっとりです。






しばらくして
娘たち二人が
お雛様の
前に
並んで
姿勢よく座って
何かしていました。

何をしているのだろうと
気になって見ていると


長女「お金がたくさんになりますように」
次女「お菓子がたくさんになりますように」





手を重ねて
拝んでいました。



ちがうちがう!!!!




娘たちに
お雛様は
神様や
仏様ではないけれど、
二人を
ずっと見守って
くれるのだと
話をしました。


わかっているのか
わかっていないのか・・・






一週間後
同じように
お雛様の前に
座って
手を重ねて
「縄跳びが
たくさん跳べますように」と
拝む
長女の姿を
見かけました。


それなら
それでいっか。




微笑ましい
姿に
良しと
することにしました。
















2017年スタート
















IMG_0290[1].jpg







明けまして
おめでとうございます



今年も
手打ちそば蔵を
よろしく
お願いいたします。












IMG_0292[1].jpg








IMG_0291[1].jpg





南天
センダン
千両(赤・黄)







花材は
シンプルですが
やはり
赤の実が
入るだけで
お正月らしく
なります。







今年の
お正月は
とても
温かくて
過ごしやすかったなあと
思い出していると
不意を
突かれたように
9日
雪が降りました。


幸いにも
それほど
積雪量はなく
翌日の
晴天で
ほとんど
溶けたので
安心しました。



今回の雪で
改めて
わかったのは
子どもは
本当に
雪が好きだと
いうことです。



雪予報が
出た日から始まり
その日が来るのを
今か今かと
待ちわび
当日の昼過ぎ
雪が
ちらちらと
降りだした瞬間
テンションマックス。

娘たち
二人は
家の庭で
「ふ~れ!
ふ~れ!」
近所迷惑を
顧みず
叫びまわり
いったんは
昼寝に。





日が暮れて
あたりが
暗くなってきたころに
起きてきたかと
思うと
窓から見た
雪景色に
大興奮。

寝ぼけ眼も
どこへやら
二匹の
子犬は
まさに
喜び
庭駆け回っていました。







私も
子どもの頃は
こんなに
はしゃいでいたのかなあと
思い出して
見ましたが
今では
まったく
記憶にありません。


今の私は
猫のほうがいいに
決まっています!

















冬支度

















IMG_0184[1].jpgのサムネール画像






IMG_0200[1].jpg




ハロウィーンが終わり
街は
クリスマスムード一色です。


我が家も
11月に入って
早々
クリスマスツリーを
飾りました。

娘たちは
自分の背より
高い
ツリーに
背伸びしながら
飾りつけし
その出来栄えに
大喜び。

いざ
部屋を
真っ暗にして
ライトを
点けてみると
大興奮でした。

部屋の中で
こんなに
きれいなのだから
外から見たら
どんなに
ぴかぴかと
輝いて
見えるのだろうと
ワクワクしながら
家族全員で
外に出てみると・・・



さすが
遮光カーテン。
外から見た
リビングの
窓は
真っ暗。
明かり一つ
見えませんでした。























IMG_0234[1].jpg




IMG_0235[1].jpg




今年も
スタッフみんなで
干し柿をしました。

暖冬で
柿が腐り
全滅だった
昨年の
トラウマから
今年は
数を
控えめにしました。

いつ見ても
この景色は
いいものです。

剝きたての
柿は
本当に
鮮やかで
この色は
柿にしか
出せないんじゃないかと
思うほどです。

これを
何色といえばいいのだろう
もうこれは
「柿色」と言うしかないと
思って
調べてみると
本当に
「柿色」という
色がありました。



"柿色(かきいろ)とは柿の果実のような鮮やかな朱赤のこと"
Wikipediaより



なるほど。
まさにその通りです。












IMG_0232[1].jpg


山柿




こちらの
柿も
今年は
豊作でした。


盆栽で
こんなに
柿が付くなんてと
前を通る
お客様が
一様に
おっしゃって
くださいます。













IMG_0120[1].jpg


IMG_0121[1].jpg




椿











IMG_0117[1].jpg


カマツカ














IMG_0122[1].jpg




IMG_0123[1].jpg


カリン



























Happy October












IMG_0094[1].jpg

Happy  Halloween!








つい数年前までは
ハロウィーンなんて
外国の
お祭りだと
認識していましたが
今では
日本中の
あちらこちらで
大騒ぎですね。
我が家の
娘たちも
かぼちゃを見れば
「ハロウィーンだ!」と
代名詞のように
言葉が
出てきます。





10月は
我が家にとって
イベントが
一番
多い月です。

運動会
遠足
長女と私の
誕生日

その一つ
ひとつが
無事に
終わる度に
娘たちの
成長を
垣間見ることが
できました。
(...とともに
私の老いも
確実に
進みました...)


運動会で
「おかあさ~ん」と
ずっと
泣き続けていたのに
かけっこだけは
誰よりも
速かった
3歳の次女。

たった
二年前は
同じように
号泣していたのに
今では
どの種目にも
全力で
取り組んでいた
5歳の長女。



それぞれの
今の姿は
それぞれの
成長の
現れです。

いい悪いではなく
その子
そのものなのです。

来年
再来年
どんな姿に
なっているか。

10月は
我が家にとって
娘たちの
成長曲線を
表す
指針なのかも
しれません。







IMG_0074[1].jpg

なお.jpg















IMG_0058[1].jpg

10月の始め
雨風で傷んだ
櫓を
修理して
もらいました。









IMG_0055[1].jpg



耐久性を考え
新たな櫓は
ガルバリウム鋼板という
素材を
選びました。

仕上がりは
予想していた以上に
周りと
馴染んでいて
安心しました。










IMG_0061[1].jpg

新たな
蔵の
玄関に
ノコンギクが
花を
添えてくれています。














IMG_0069[1].jpg

ヒゴシオン

















IMG_0070[1].jpg



IMG_0071[1].jpg



イワシャジン